のれん・旗・幕・のぼり等の防炎加工について

防炎加工

のれん、旗、幕、のぼりなどの印染製品への防炎加工も承っております。
製品の種類により防炎加工生地を使用する場合と、あとから防炎加工を施す場合があります。

印染製品は生地の特性上、燃えやすくなってしまいます。
防炎加工は万が一、火がついてしまったときに、その部分が黒く焦げるだけで
燃え広がることがないので、火災を未然に防ぐことができます。

『防炎加工』は火災予防の有効な手段として、1969年から消防法により規制されています。
高層建物、地下街、飲食店などにおいて使用するカーテン、じゅうたんなどは防炎物品でなくてはなりません。

防炎加工専門技術の有資格者が居る、消防庁認定の防炎加工業者での加工を施しています。

ご使用上の注意

防炎加工を施した製品には防炎ビニールをお付けしております。
防炎加工製品の証明となりますので、必ず貼り、剥がすことがないようにお願いします。

防炎加工の性能は経年劣化していきますのでご注意ください。

洗濯、およびクリーニングをすると防炎の効果はなくなってしまいます。
再度、製品に防炎加工を施してください。
製品が劣化している場合、加工をお請けできない場合もございます。
また、再度、防炎加工を施した場合、破れ、色落ちなどもすることがあります。
その場合の責任は負いかねますのでご了承ください。

屋外での使用の場合、雨に濡れると効果が落ちてしまう、また効果がなくなってしまうこともございます。
設置場所にご注意ください。

防炎加工の作業は天候などにも左右されます。
7~14日程度の作業日数をお考え下さい。

安全にご使用いただくために

のれん、旗、幕、のぼりなどの印染製品の素材は、全て可燃性です。
火気付近でのご使用は、絶対に避けてください。

放火・いたずら等を避けるため、会社・お店の終了時に必ず屋内に保管してください。
(防炎加工済みの製品でも、高温になると発火します。)