愛知県小牧市の町内会から、獅子頭の修理のお問合せ後、来店いただき、総修理と部分修理の説明をさせていただき、予算内で可能な、部分修理を承りました。

獅子頭の修理は、多くの町内会、子ども会、自治会などで部分修理で決定となります。
四頭と多くの獅子頭の修理で、幕と毛の交換、真鍮鈴を不足分追加、舌の固定をしました。

総修理ですと予算はかかりますが、獅子頭の割れなども全て直し、新品のようになるのでオススメです。
予算に合わせた修理も可能ですので、ご相談ください。

総修理の際は、さらに劣化防止、防汚などに期待が持てるガラスコーティングを施すこともお考えください。金箔の剥がれ、赤の劣化、小傷の防止、全体的な劣化防止に期待が持てます。
(近年の技術ですので、まだ当社としても実績がありません。全国でもまだ実績はないと思います。)

※他社製品であっても修理可能な獅子頭であれば承ります。ご相談ください。

【獅子頭の引き取りについて】
不要となってしまった獅子頭の引き取りを承っております。
廃棄処分してしまうのは可哀想ですし、なかなか一般のゴミとして捨ててしまうのは忍びないと思います。
いままで地元のお祭り、子ども会(町内会、自治会)で活躍した獅子頭を、美濃伏見稲荷さまにてお焚き上げ(左義長)させていただきます。
一頭¥3,000-(税別)にてお引き取りします。お気軽にご相談ください。

【獅子頭の修理、修復については下記もご覧ください】
獅子頭の修理のページ
獅子頭の修理、修復の実績のページ

【子ども獅子連などで使用される袢天も取り扱いがございます】
袢天のページ
祭袢天の既製品のページ
袢天の製作実績のページ

【コーティングは下記のページも参考にしてください】
ガラスコーティング、撥水加工について
撥水加工について
ガラスコーティングについて

獅子頭の修理前の画像
持ち込んでいただいた獅子頭です。
状態を確認し、予算と照らし合わせながら、どういった修理をしていくか決めていきました。
保有している獅子頭が4頭と多いので、今回は部分修理となりました。
獅子の状態もさほど悪くはなく、部分修理でも問題ないかと思います。
獅子頭の毛と幕を交換した画像
四頭の獅子頭、全ての毛と幕を交換しました。
ほとんどの場合、幕と毛はセットで交換をさせていただいています。
部分修理ですが、獅子の状態も悪くなかったので、見た目がかなり変わったのではないかと思います。
不足分の真鍮鈴もみんなでシェアして取り付けてあります。
部分修理、総修理ともに、修理が可能であれば他社製品であっても承っております。
お気軽にお問い合わせください。
獅子頭の修理前の画像
持ち込んでいただいた獅子頭の幕の写真です。
幕は色落ちと、少しの破れ、鈴の紐がちぎれてしまっているなどがありましたので、4頭分、交換となりました。
毛の交換と幕の交換はセットでやられることをお勧めしています。
獅子頭の幕を取り付けた画像
四頭の獅子頭、全ての毛と幕を交換しました。
ほとんどの場合、幕と毛はセットで交換をさせていただいています。
幕が綺麗になっただけでも、かなり印象は変わりますね。
部分修理、総修理ともに、修理が可能であれば他社製品であっても承っております。
お気軽にお問い合わせください。
獅子頭の舌が外れてしまった画像
1頭の獅子頭の舌が外れてしまったようで、針金で固定されていました。
お子さんが怪我などされるといけないので、こちらは紐で固定していきます。

蝶番で取り付けてある獅子頭も多くありました、蝶番も壊れ危険なため、当社では穴あけ加工をし、紐での固定をオススメしています。
獅子頭の舌を取り付けた画像
1頭の獅子頭の舌が紐が切れて外れてしまっていたので、紐で固定しました。

舌の外れは多くある修理依頼です。
舌が無くなってしまうと、部品代が高くなってしまいますので、お早めの修理がいいと思います。
獅子頭の鈴をつけた画像
持ち込んでいただいた獅子頭の鈴ですが、紐が切れて外れているなどがあり、箱の中と付いている鈴を調べ、5個の不足分のみ追加で取り付けました。
色がかなり違ってしまいますが、予算を抑えることができました。