みなさま
お元気ですか!

今日は、今よりもう少し若くて生意気だったころに衝撃を受けた言葉を。

司馬遼太郎著
「竜馬がゆく」より抜粋

竜馬は議論しない。
議論などは、よほど重大なときでないかぎり、してはならぬといいきかせている。

もし議論に勝ったにせよ、相手の名誉をうばうだけのことである。

通常、人間は議論に負けても自分の所論や生き方は変えぬ生きものだし、
負けたあと持つのは負けた恨みだけである。

さすが司馬遼太郎さん。
こんな言葉考え付かないですよねー!
この一文は本当に衝撃でした。

【感謝と謙虚さ、そして笑顔❤】
【笑顔になれる選択を❤】
池戸の考えた言葉は、まだまだ若いですね(笑)

いまの自分に背伸びして笑顔で頑張ります!

夢は名前!大仁!