店頭のれん(入り口のれん)、店内のれん、間仕切りのれんをシャーク木綿生地で製作しました。

ご注文までの経緯が、とても嬉しく、ありがたきことで紹介いたします。
以前、おおやまホルモン多加木店さまから、おおやまホルモン東島店さまをご紹介いただき、Tシャツを作らせていただきました。そのおおやまホルモン東島店さまから、おおやまホルモン萩原店さまをご紹介いただき、のれん(暖簾)を製作させていただくことになりました。
なんと嬉しいご縁でしょう!!!ありがとうございます!

おおやまホルモン萩原店さまの、のれん(暖簾)は、
・玄関の入り口の暖簾(のれん)×1枚
・厨房の入り口の暖簾(のれん)×2枚
・厨房の中の暖簾(のれん)×2枚
の合計5枚のと注文をいただきました。

玄関のれんの色が日焼けし変色してきたとのことでしたが、以前、作っていただいた会社が廃業されたとのことで、ご紹介から連絡をいただきました。
打合せで、使用していた暖簾よりも若干、短くしたいとのこともあり、長さを変えるなどしました。

店内のれんは、まだ使えそうな状況でしたが、せっかく作るのであれば、同じ生地、同じ色で統一したいとのことと、サイズを、間口に合わせ、しっかり作りたいとのことでした。

生地は、いままで使っていた生地と同じ物でのことで、当社の取り扱いの生地にあったのでシャークという生地になりました。
多く使われる天竺木綿生地より、少しだけ厚手の感じの生地で、袢天(半纏、半天、袢纏)などにも使われる生地です。

不景気とコロナ禍で厳しい中、たくさんのご注文をいただき感謝いたします。

おおやまホルモン萩原店さまの玄関のれんを作らせていただきました。
いままでの暖簾よりも、少しだけ短くしましたが、雰囲気にマッチしていると思います。
生地はシャーク木綿生地、色は色見本帳から選んで頂きました。
いままで使用していた暖簾の写真です。
少し色落ちがしていますが破れもなく、まだ使用できますよ~~~とお伝えしたのですが、色褪せが気になるからとのことで製作を決めていただきました。
破れてしまってからでは、製作日数を考えると、お店の雰囲気が悪くなってしまいますものね。
のれんを染めるための原紙という型を作る紙をカットしたところです。
昔は手で彫っていましたが、いまは機械でカットしています。
のれんのデータを作る際に、文字と、位置などが必要となりますので写真を撮りました。
おおやまホルモンさんは、過去にも製作実績があるので、ロゴデータは保有していました。
上の画像と、同じサイズで型紙をカットし、作業を進めていきます。
写真と比べても、雰囲気が変わってないのが伝わりますでしょうか?
新しくなった、お店の玄関ののれん。
新しい暖簾でお客様を迎えるって、気分も一新するのではないでしょうか?
昔、のれんが汚れているのは繁盛店の印、などと言われたことがありましたが、僕の考えは、そうは思いません。
のれん(暖簾)は、お店の顔であり雰囲気作りの大切な道具であると思っています。
清潔感も必須の要素であると思います。
長く大切に使っていただけることも職人としての喜びですが、年間たくさんのお客様を迎える暖簾は奇麗であると良いのでは、、、などと考えてしまいます。
厨房への入り口の暖簾は、サイズと、玄関の暖簾と色が合っていなかったため、ご注文をいただきました。
厨房から在庫などが置いてある部屋への、間仕切りのれん。
在庫の目隠しなどに使われることも暖簾(のれん)で良くあります。
厨房への入り口の暖簾。
こののれんは厨房へ向かって右側に設置されました。
まだ納品時の折り目が残っていますが、使っている間に伸びてしっくりしてきます。
厨房への入り口と手前の部屋の間仕切りとしての暖簾(のれん)です。
色々なお店から、厨房内を丸見えにしないためと、ご注文いただくことがあります。

過去の製作実績です。東島店さまの写真や投稿がなく申し訳ありません。
おおやまホルモン多加木店の過去の製作実績
オリジナルTシャツ製作‐1
オリジナルTシャツ製作‐2
オリジナルTシャツ製作‐3