愛知県北名古屋市にある九之坪奉賛会さまから半天(半纏、袢天)のご注文をいただきました。
来店前に電話をいただき、公式LINEアカウントにて、おおよそのデザイン、数、色数を教えていただきエンジ地白抜きと、白地エンジ文字で見積りを提出。
その見積りでOKが出てから、来社いただいての打合せをしました。
色々な生地の中から、一般的なシャーク木綿生地と、変わり織りの3935スラブ生地で再見積もりをし、製作決定となりました。
来社してくださったので色も色見本帳を見ていただきました。
サイズは指定も可能ですが、当社規格のMとLにて各3着で製作しました。
染めは反応染めで製作。

新型コロナウイルス感染症の影響で、国府宮儺追神事(国府宮はだか祭り)も規模を縮小し、団体の代表者たちでの奉納のみとなってしまっています。数年、有名な、はだか祭りといった感じはなく、こういった袢天を着用しての奉納になっています。

【製作データ】
6着(M‐3着・L-3着)
3935スラブ木綿生地
全染研303エンジ地白抜き(1色)
反応染め

国府宮儺追神事(国府宮はだか祭り)九之坪奉賛会の半天の画像
国府宮儺追神事(国府宮はだか祭り)の九之坪奉賛会の袢天。
のぼりやハチマキも製作させていただいており、色を統一しました。
お客様が写真を撮って送ってくださいました。ありがとうございます。
国府宮儺追神事(国府宮はだか祭り)九之坪奉賛会の袢天の画像
袢天(半纏、半天)の背中は国府宮の紋です。
こういったデザイン、好きです。
国府宮儺追神事(国府宮はだか祭り)九之坪奉賛会の半天の画像
襟文字に、国府宮儺追神事・九之坪奉賛会と名入れしました。
襟文字の間に横柄が出ていますが、この生地の特徴で、こういった変わり織りの生地となります。
裏面なので、色は抜けていませんが、生地の雰囲気は伝わると思います。
国府宮儺追神事(国府宮はだか祭り)九之坪奉賛会の半天の画像
お客様のデッサンをもとに見積りしました。
こういった感じのデザインから製作していきます。
見積りや、問い合わせの参考にしてください。