愛知県岡崎市の方から問い合わせをいただき、神社の幕(神社幕、奉納幕、横幕、神前幕)の製作をさせていただきました。
サイトでの問い合わせ時に、お話しさせていただきサンプルを当社に発送していただき、見積りを提出しました。
現物見本は正絹ちりめんで作ってありましたが、色々な生地と製法での見積りをお出しすることに。
昔、こういった幕の多くは絹で製作されていましたが、近年は木綿や化学繊維での製作も増えてきました。

現物見本との変更点は、年号の変更と生地の変更。

正絹ちりめん
不二絹(富士絹)
天竺木綿
三越ちりめん(化学繊維)
ポリエステルちりめん
の5種類の生地で見積りを提出し、化学繊維の三越ちりめんで決定しました。
5つの見積りの中では中間くらいの価格の製法となります。

年号と奉納者名を左に名入れし、家紋は五七の桐を2か所に入れ、現物見本に近い紫にて製作しました。

紫房は現物と同じ、19cmのものをご用意しました。
幕のサイズが860×3600mmですので、紫白ひもは、5Mとしました。

こちらも・・・・・出来上がりの写真を撮り忘れ・・・・
これでは見積りのみだったのではないかと思われてしまいそうで反省。
しっかり投稿できるようにしなければ。

愛知県岡崎市の神社の幕(神社幕、奉納幕)の画像
現物の幕を送っていただき打合わせ。
採寸、生地などを確認できるので、おすすめの見積り方法かと思います。

現物サンプルと同じ19cmの紫房(神社房、幕用絞り房)がありましたので、そちらを見積りしました。

幕用の紫の房の画像
紫の房は現物と同じサイズでご用意が出来ました。