10番天竺木綿生地で、のれん(暖簾)を染めました。

10番天竺木綿で染めたのれん(暖簾)の画像
愛知県名古屋市中区栄の甘味や澤田商店さまの秋冬バージョンののれん(暖簾)を製作させていただきました。(こちらも、少し前になります。)

今回は、地色に暖色系を使い、秋冬バージョンの暖簾(のれん)として使われるとのことでご連絡いただきました。
のれん(暖簾)用の木綿生地のサンプルを今回も見てみたいとのことで三種類ほど発送しましたが、生地の種類に関しては、お任せしてくださり、とても嬉しくなりましたぁー!

今回は、印染製品で一番オーソドックスな天竺木綿生地の、少し厚手のもので10番天竺木綿生地を使用し、色は前回同様DIC(大日本インキ化学工業)にて指示をいただきました。
サイズも前回から少し変更し、520×3220mmにし、上部は60mmの袋仕立て、両横上部には、のれん(暖簾)のズレ防止のヒモも取り付けました。

今回も、お問い合わせから、見積り、生地サンプル発送、銀行先振り込みをしていただき、製作、納品という流れでの製作となりました。

愛知県北名古屋市の池戸工房では、色、生地、製法、予算などの提案を大切にしております。

お気軽にお問い合わせください。
のれん(暖簾)の製版をしている画像
製版をしていく前段階。
原紙と言われるものをカットしたところ。
暖簾(のれん)を染めて乾燥させている画像
のれん(暖簾)を染め、乾燥させています。