愛知県犬山市のお客様から問い合わせをいただき、見積りと提案ののち製作となりました。
サイトからの問い合わせ後、実物をもってご来店いただき、見積りしました。
こういった奉納幕は絹で製作してあることが多く、実物も絹で製作されていました。
時代もありますが、絹は効果になってしまいますので色々な生地と方法を提案させていただきました。
今回は、
・不二絹(富士絹)での友禅染め
 名入れと、無地の場合
・ポリエステル羽二重の厚手生地での本染め
 名入れと、無地の場合
・天竺木綿で顔料捺染染め
 名入れと、無地の場合
・先染めブロード生地でも無地製作
の7種類の見積り¥と製法を提案し、不二絹を使用した友禅染めで製作が決定となりました。

付属品の12cm赤房と、紫白ひももご注文くださいました。

絹で製作した奉納幕の画像
新しく不二絹を使用し友禅染めで製作した奉納幕と、使用していた幕。
奉納幕を製作する前の画像
実物を持って来店くださったので、見積りをするために撮影。
色が褪せてはいますが、破れなどはなく比較的奇麗な状態です。
神社の幕を製作する前の画像
中心を房で吊るためチチは2つついています。
神社幕を拡大した画像
現物の拡大画像で、仕立ての資料にします。
神社の幕の紋の画像
紋を撮影し、この画像を元にデータを作成します。
データ作成時に歪みなども修正します。
神社の幕に着ける赤い房の画像
12cm赤房もご注文くださいました。
神社の幕の取り付けをする紫と白のひもの画像
紫白ひももご注文いただきました。
幕の長さと、取り付けに必要な長さによりカットし納品します。