福井県の、お寺さまの檀家さんからお問合せをいただき、幕を製作させていただきました。
大きな奉納幕でした。
使用している幕を送っていただき、採寸したところ縦が1370mmありましたが、仕立てなどを考えると1300mmほどになってしまうため、中心を縫い合わせた見積りと、継ぎ目なしで1300mで仕上げた場合の見積りを提案。
結果、四巾天竺木綿生地を使用し1300mmで了承していただきました。
昔の生地、また生地問屋さんの関係で微妙にサイズが違うため、今回は少しサイズダウンをしてしまう提案となってしまいました。 こういったことは、幕、のぼりなどでもよくあり、困ってしまうのですが、見積りと提案をすることでほとんどの案件が解決しております。

名入れしてある家紋は、曹洞宗の家紋で
左:五七の桐
右:久我竜胆
を染めましたが、85cmくらいあります。

お気軽にお問合せください。

【製作データ】
1枚
天竺木綿生地
白地黒文字。、黒紋
H1300 ×W9600mm
H50×W40mmチチ

お寺の奉納幕の画像
曹洞宗のお寺の幕が仕立てから仕上がってきたところを撮影しました。
大きすぎるため、小さな工房では全体を撮影できませんでした。
五七の桐と久我竜胆の家紋を名入れして染めました。
久我竜胆の画像
久我竜胆の家紋部分の拡大画像です。
家紋は細部で少し違っているなどということが多くありますので注意が必要となります。
五七の桐の画像
五七の桐の家紋部分の写真です。
綺麗に染めることが出来、一安心しました。