袢天の製作を承りました。
愛知県稲沢市の神社の氏子の方から 袢天(半纏・袢纏・半天) に穴が開いてしまったため、同じものを製作できますか?との問い合わせをいただきました。
現物を持って来社いただき、見積りを提出し、決定しました。

今回は、背中の紋だけの染めでしたので、反応染めではなく、日焼けに強い顔料にて製作。
生地は、現物と同じ天竺木綿と言う、一番オーソドックスな生地で決まりました。
襟文字もなく、背中に三つ巴の紋のみの印染となります。
シンプルな袢天(半纏・袢纏・半天)もカッコいいですね!

予算、製法、生地など色々な提案をし、より良い製品作りを目指しています。
お気軽にお問合せください。

【製作データ】
20着
天竺木綿生地
白地黒紋

袢天(半纏・袢纏・半天)の画像
来社時に現物を持参いただき、生地やサイズんp打ち合わせをしました。
シンプルに背紋のみの製作で、生地は現物と同じ天竺木綿生地を選択しました。
袢天(半纏・袢纏・半天)に穴が開いてしまった画像
穴が開いてしまったために製作を検討しているとのご連絡をいただきました。
袢天は、やはり奇麗でビシッとしていたほうがカッコいいですからね!