愛知県春日井市の町内会から、獅子頭の修理のお問合せをいただき、予算と照らし合わせ、部分修理を承りました。
獅子頭の総修理はまとまった予算が必要となり、多くの町内会、子ども会、自治会などで部分修理で決定となります。
総修理ですと予算はかかってしまいますが、獅子頭の割れなども全て直し、新品のようになるのでオススメしています。もちろん、部分的な修理、予算内での修理も可能ですので、ご相談ください。

今回の獅子頭は、耳の棒が折れている、舌が外れてしまっている、顎の棒が外れてしまう、鈴が外れている、毛と幕の交換といったことを直していきました。

総修理の際は、さらに劣化防止、防汚などに期待が持てるガラスコーティングを施すこともお考えください。(近年の技術ですので、まだ当社としても実績がありません。おそらく全国でもまだ実績はないと思います。)

※不要となってしまった獅子頭の引き取りも承っております。
美濃伏見さまにてお焚き上げ(左義長)させていただきます。

【獅子頭の修理、修復については下記もご覧ください】
獅子頭の修理のページ
獅子頭の修理、修復の実績のページ

【子ども獅子連などで使用される袢天も取り扱いがございます】
袢天のページ
祭袢天の既製品のページ
袢天の製作実績のページ

【コーティングは下記のページも参考にしてください】
ガラスコーティング、撥水加工について
撥水加工について
ガラスコーティングについて

獅子頭の部分的な修理の画像
部分修理が完了した獅子頭です。
耳の取り付け、舌の取り付け、鈴と幕の取り付け、毛の取り付けをしました。
色々なお問い合わせをいただきます。部分的な修理も承っておりますが、割高になってしまいます。
ご予算にも関係しますが、できれば総修理をオススメしています。新品のように綺麗に仕上がりますよ。
壊れてしまった獅子頭の修理前の画像
持ち込んでいただいた修理前の獅子頭です。
幕と毛は外れており、耳の棒が折れていました。
舌は蝶番で固定されていましたが、壊れて外れていました。
鈴は纏めて持ってきていただきましたので、両サイドに各3個を取り付けていきます。
獅子頭の耳の修理の画像
獅子頭の耳の棒を再建し、耳を取り付けました。
獅子頭の耳は動くようになっていますので、接着剤などで固定してしまわないようにしてください。
獅子頭の舌の修理の画像
獅子頭の口内の蝶番が壊れて外れてしまっていた舌も取り付けました。
壊れた蝶番は針金が出ていたり、金具が歪んでいて怪我が心配です。
穴加工をし、紐での固定をお勧めしています。
獅子頭の顎の棒の修理の画像
獅子頭の顎の棒も固定されなくなっていて、すぐに外れてしまうとのことでしたので、顎の棒の交換と外れないように固定しました。
顎の棒に関しても、外れてしまうために接着剤で固定してしまうと、部分修理の際に大変になってしまいますので、顎が外れる症状があれば、ご相談ください。