愛知県北名古屋市の平田寺さまから、のぼりのリピート注文をいただきました。
お寺のぼり(奉納のぼり、神社のぼり)に多く使われる岡木綿生地より厚手の、天竺木綿生地を使用しました。
色は日焼けに強い顔料を使用し、捺染染めで製作。
こういった幟(のぼり)のスタンダードな製法は顔料捺染と言われるもtのです。

地元PTAの関係でご縁をいただき、ご注文をくださっています。
いつも、ありがとうございます。

枚数、デザイン、予算など色々なご提案をさせていただいています。
お気軽にお問合せください。

前回の記事はコチラ

【製作データ】
200枚
天竺木綿生地
白地赤文字・黒文字 2色
W350×H1500mm
右チチ(右竿通し)

奉納のぼりの製版の画像
黒池龍神王のお寺のぼりの製版をしたところです。
のぼりの型は保存ができませんので、染めた後は再生します。
奉納のぼりを染めている画像
捺染の染めている風景。
こんな感じで染めたり、型を増やしたりもします。
お寺のぼりの画像
お寺のぼりの染めあがりはこんな感じです。
ここから一日乾燥させ、仕立てに移行していきます。