神社のぼり(奉納のぼり)破れ補修、修理など

神社のぼり(奉納のぼり)の修理の画像
愛知県稲沢市から来店くださいました。
大きな神社のぼり(奉納のぼり)が破れてしまい、修理を頼める業者を探していたとのこと。
見積りは、新規製作の場合と、修理の場合の二種類を提出。
とりあえず修理で決定しましたが、新規製作の場合も、お願いしますとお言葉をいただきました。
池戸工房では、他社製であっても修理が可能であれば承っております!
お気軽にお問い合わせください!

河内木綿の榊という厚手生地で製作してある幟。
昔は、こういう良い生地で作られてました。

破れを補修したあと、裏から文字を染めておきました。
破れてしまった神社のぼりの修理
下部が経年劣化でほつれて、ボソボソになっています!
真っ直ぐに切り、そこに布を追加します。
神社のぼり(奉納のぼり)のチチの修理
チチ布も、かなり傷みがありますので、交換します。
神社のぼり(奉納のぼり)が裂けてしまった修理
のぼり上部の、奉納部分は裂けてしまっていました。
裏から当て布をして補修します!
幟の修理、補修
のぼり下部の破れとチチの交換し、修理していきます。
神社のぼり(奉納のぼり)を修理した画像
神社のぼり(奉納のぼり)の下部補修と、チチを交換し完成。
神社のぼり(奉納のぼり)のチチの交換をした画像
かなり厚手の生地なので修理も大変です!
神社のぼり(奉納のぼり)を当て布で補修した画像
裂けてしまっていた部分は、裏から当て布をし修理しました。
幟の修理、補修をした画像
裂けてしまっていた部分は、表から見ると、こんな感じになります!
修理、補修をしたのぼりを染めた画像
当て布をしたままでは、カッコ悪いので、文字を染めました。
神社のぼり(奉納のぼり)の修理後、染めている画像
修理した部分を染めているのは先代。
この一手間が大切ですね!